ブログトップ

ブッククラブ えほんだな!〜多言語絵本

ブッククラブえほんだな! Since 2004  ehondana77@gmail.com


by ehondana77
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

<世界のことばで読み聞かせ>11月11日 世田谷区中央図書館

<世界のことばで読み聞かせ> おかげさまで11月の会もにぎやかなひとときとなりました。たくさんのご参加ありがとうございました。

Le français フランス語 】 
まず最初はフランス語と日本語で『かばくん』(福音館書店)
これまでの多言語読み聞かせでも、度々ご紹介してきましたが、『かばくん』は
1962年に出版されて、2年後にはフランス語で翻訳されました。
当時ジャポニズムとして大変評価が高く、続いて日本の絵本作品がヨーロッパ各国で翻訳出版されるきっかけとなった作品の一つです。

c0255814_08362370.jpg
二冊目は、日本の昔話が収録されているフランス語・日本語バイリンガルの本から『おむすびころりん』を。
お子さんたちが合間に♪おむすびころりん〜とフランス語で参加してくれてとってもすてきな家族の読み聞かせでした。

【English 英語 】
Marieさんが、小学校6年生の息子さんと一緒に、Dr.Seussの”GREAT DAY for UP"を紹介してくれました。
Dr.Seussシリーズは、アメリカの子どもは誰でも知っている、長く愛されている絵本シリーズです。
c0255814_08264857.jpg
c0255814_08423381.jpg


Người việt nam ベトナム語】
『うずらちゃんとかくれんぼ』(福音館書店)を日本語とベトナム語で。
ベトナム現地で、日本の絵本を翻訳出版しているMOGU絵本プロジェクトの作品です。
https://www.youtube.com/watch?v=LvFmvwZcMxQ

そして、読み手の東京農業大学の留学生アンさんが、文も絵も手がけたベトナムの昔ばなし『スターフルーツの木』。
この作品は、多言語電子絵本RAINBOWのサイトでも読むことができます。http://www003.upp.so-net.ne.jp/ehon-rainbow/


c0255814_08593009.jpg


そして今回は特別に『マルコはとなりへおつかいに』(くもん出版)の著者中出さんが読んでくれました。
中出さんはポルトガルに住んでいたので、絵本の舞台はポルトガルの海辺の風景や町の人々の様子を題材にしています。
ポルトガルでは、読み聞かせの日11月11日は、Dia de Sao Martinho(サォン・マルティーニョの日)といって
焼き栗とAgua Pe(アグア・ペー)という若いワインを飲む日だそうです。
「サン・マルティーニョの夏」とも言い、この日は夏のような暖かい日になることが多いそうです。東京も暖かかったですね!

c0255814_08493943.jpg
焼き栗は一袋に12個入っているとのこと、かわいい栗を用意してくれて、みんなでポルトガル語で12まで数をかぞえました。
すると、フランス語の子どもたちからも、似てるよと一声! この日、会場には、イタリア語、フランス語、英語、韓国語、ベトナム語、中国語を、話す人がいましたので、それぞれのことばで、みんなで1,2,3とかぞえて、盛り上がりました!

c0255814_08521595.jpg

読み手のみなさん、ご協力ありがとうございました。11月の会でご紹介した絵本たちです。
『魔女のデイジー』『こうさぎと4本のマフラー』(のら書店)もフランス語で翻訳されています。

次回は12月9日(日)、フィンランド語でクリスマスのお話を、そして各国のクリスマスの様子をお伝えしたいと思います。どうぞお楽しみに!







by ehondana77 | 2018-11-12 09:18 | 多言語絵本