ブッククラブ えほんだな!

世界のことばで読み聞かせ@世田谷区中央図書館

世田谷区中央図書館主催<世界のことばで読み聞かせ>が
無事終了しました! 沢山の方々にご参加いただきありがとうございました。

c0255814_1339444.jpg

最初の一冊は自己紹介もかねて、『まるさんかくぞう』(文溪堂)を英語・韓国語・中国・日本語で。「まるまるさんかく、ふねふねふね!」と日本語を軸に、それぞれのことばで読んでいきます。だんだん子どもたちも、あっバスは、韓国語もバス!かあと、共通点がわかってきて…初めて耳にする外国語がぐんと身近になってくるのです。

c0255814_13362649.jpg

そして『ねずみくんのチョッキ』(ポプラ社)英語・韓国語・日本語で。どんどんのびちゃったチョッキにしょんぼりするねずみくんのセリフ。韓国語の響きでも、残念なきもちが子どもたちには伝わってきます。

c0255814_13937100.jpg

お子さんが駒沢小学校に通うTさん。この日はファン!のお子さんもたくさん来てくれていました。オランダ語と日本語でティムさんの読み聞かせ、とってもおもしろいストーリーでした。

『ぞうくんのさんぽ』(福音館書店)を中国語・英語・日本語で読んだあとは、翌日が雪の予報でしたので、『バムとケロのさむいあさ』(文溪堂)を英語・日本語で。『ゆきのひのたんじょうび』(至光社)を韓国語・日本語で。図書館の裏の池には、あひるのかいちゃんがいますからね!笑
(なんのこと?と思った人はどうぞ絵本を読んでチェックしてみてください!)

多言語の絵本の活動は、えほんだな!をスタートしたころから取り組んできました。ことばちがう子どもたちも、一緒に一冊の絵本を楽しめたら、すぐに友だちになれるはず。これまでの活動についてはこのブログの<多言語絵本>の記事を読んでいただけるとうれしいです。

パフォーマンスにご協力いただいた、東京大学の学生のSさん、Cさん、そして保育園仲間のRさん。いつもえほんだな!のイベントを助けてくれる、A先生、Mさん、翻訳を快く許諾くださった文溪堂さん、そしてこのような機会を提供してくださった世田谷区中央図書館に感謝申し上げます。

文溪堂さんの書籍を多言語で紹介するプロジェクト<世界にとどけ!ニッポンの絵本>フェアが丸善丸の内本店にて2月からスタートします。詳細は追ってアップいたします。
[PR]



by ehondana77 | 2016-01-20 13:40 | 多言語絵本

ブッククラブえほんだな! Since 2004  ehondana77@gmail.com
by ehondana77
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
多言語絵本
YOTSUHA木曜マルシェ
ブッククラブのお知らせ
絵本・書店行脚あれこれ
イベント・ワークショップ
これまでの選書works
未分類

お気に入りブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

外部リンク

画像一覧